車を使えばより楽しめる! 沖縄観光 格安レンタカー事情

沖縄といえば、海でしょう。青く濃く澄んだ海、とてもキレイな空、温暖な気候。沖縄旅行に訪れたら、絶対海に行きたいものです。

特に、沖縄の海は、マリンスポーツが有名ですよ。シュノーケリングなどで沖縄の海に潜るという経験は、一生の財産になるのではないでしょうか。ちなみに、沖縄の海中では、熱帯魚を観察できることもあります。クマノミなどが泳いでいることもあるため、とてもワクワクするものです。

車移動にはもってこい

沖縄の海に限った話ではないのですが、沖縄旅行においての移動手段は、車が大変便利です。那覇市内にはゆいレールが走っていますが、市街地であるため、そこまでキレイな海は望めません。バスを使えば、沖縄本島のいたるところにいけますが、本数が少ないので、時間に制限がかかってしまいます。タクシーも高いので、あまりおススメはできません。
やはり、沖縄県内を移動する場合は、車を使う方法が、一番効率的なのではないでしょうか。

しかし、車と言っても、自家用車を沖縄まで持っていくことは、少し難しいでしょう。沖縄まで車を運ぶとなると、カーフェリーなどを使わなければいけません。けっこうな出費がかかるものですし、とても面倒なものです。
そこで、おススメしたいのが、格安レンタカーの活用です。沖縄までは飛行機で行って、沖縄でレンタカーを借りて移動するという方法にすれば、移動も効率的に行えますし、格安価格でレンタカーを借りることもできます。

レンタカーを使うと便利

沖縄は観光都市であり、観光客向けのサービスは高いイメージがあります。しかし、沖縄でレンタカーを借りる人はけっこう居るのです。レンタカーを借りる人が多いため、価格競争なども生じ、結果として格安価格でレンタカーを活用することができます。もちろん、那覇空港など、沖縄の主要地に行けば、たくさんのレンタカー会社が点在しています。

沖縄へ旅行に行く場合、やはり海へは行きたいものでしょう。特に、マリンスポーツなんか、楽しそうですね。

そんな沖縄の移動手段は、車が便利です。とは言っても、自家用車を沖縄までもって行く場合は、カーフェリーを使わないといけないため、それなりにお金がかかってしまいます。
だからこそ、レンタカーを活用してほしいのです。沖縄県内には、格安レンタカー会社がたくさんあります。ぜひ、レンタカーを活用して、充実した沖縄観光を実現させてください。

どうしても必要になる車 沖縄で格安レンタカー 相場価格は?

レンタカーの相場

沖縄県内で格安レンタカーを利用する場合の相場について。4時間利用で安くて2,000円程度から借りられるようです。とても安いのではないでしょうか。24時間2,000円ということは、仮に4人で割り勘をするとしたら、1人500円で車を借りられるということになります。

もちろん、バスやタクシーを使うよりも、大幅に料金を抑えられることでしょう。沖縄県内には、楽しめるスポットがたくさんあります。また、マリンスポーツなどで、お金を使うこともあるでしょう。24時間2,000円というのはとても安いため、思う存分沖縄旅行を楽しめることでしょう。

しかし、保険加入については、きちんと確認しておいたほうがいいでしょう。まれに、補償範囲が狭い保険であるために、格安価格で提供されているレンタカーもあります。
例えば、格安レンタカーで移動してみたはいいけれど、運転中にぶつかってしまい、高額の請求を受けることになってしまったという話も聞きます。確かに、格安価格は魅力です。しかし、事故をしてしまったときのことも考えて、できるだけ保険適用幅が広いレンタカーを利用するという考えも、大切だといえるでしょう。

車は必須な沖縄

初めて沖縄へ行った人は、「思ったよりも広かった」とよく言います。実際に考えているよりも、沖縄県は広いものです。高速道路だって走っていますからね。目的地までの距離が遠ければ、数時間車を走らせなければいけないこともあります。ちなみに、沖縄本島の端から端まで車で移動する場合、高速道路を使っても2時間30分程度かかってしまうようです。
意外と車を運転する時間が長くなってしまうので、事前に運転計画を立てておいたほうが、疲れない旅行を実現できるでしょう。

とは言っても、24時間2,000円程度から借りられる、沖縄のレンタカー。とても安いのではないでしょうか。沖縄の観光スポットは、いたるところに点在しているため、レンタカーを使うことで、効率よく巡ることができますよ。
安さゆえに、保険などが適用されにくいレンタカーも存在しているため、事故をしたら高額請求という状況も免れません。レンタル前に、きちんと確認しておくといいでしょう。
けっこう沖縄本島は広く、思っている以上に車で移動する時間が長いため、きちんと計画を立てて運転をしないと、疲労が蓄積されてしまいますよ。知らない地域を走るだけでも、疲れるものですからね。